【いつ飲む?】血糖値には、菊芋サプリ(イヌリン含有)で効果を期待したい

菊芋について

今、注目のキーワードは中性脂肪・糖尿病・血糖値です

菊芋という「イモ」をご存知でしょうか。

なぜ今、菊芋かというと・・・・

毎年、新年会、お盆、忘年会シーズンになると、良く売れるものがあります。

それが、この菊芋を使ったサプリメントなのです。

よく売れる理由は、菊芋には血糖値の上昇を抑えてくれる働きがあるからなのです。やっぱりお酒をたくさん飲むシーズンになると老若男女問わず、糖尿病や血糖値のことは気になりますね。

菊芋には、「イヌリン」という成分が多く含まれており、この「イヌリン」が血糖値の上昇を抑えてくれるのです。

イヌリンは、「天然のインスリン」とまで呼ばれています。

菊芋について教えて!!

菊芋は、ゴボウと同じキク科の野菜です。

芋では、ないので間違えないように。どちらかというと食感などは、ゴボウに近いと思います。

芋ではないので、デンプンは、ほとんど含んでいません。

スーパーフードといわれる所以は、イヌリンをはじめとする、水溶性食物繊維が驚くほど多く含まれているからなのです。

イヌリンの含有量は、野菜の中でもトップクラスで、イヌリンとは「水溶性食物繊維」です。

体の中で水分を含むとゲル状になり、不溶性食物繊維にはない働きをしてくれます。

菊芋には、このような効果が期待できます。

・ダイエット
食べたものがゆっくりと吸収されるので、満腹感を得ることができます。

・便秘対策
水溶性の食物繊維が便を軟らかくしてくれます。便秘を解消するためには、不溶性の食物繊維も必要です。(不溶性の食物繊維は便のカサを増してくれます)

・腸内環境
腸内環境を整えて、善玉菌を増やしてくれます。イヌリンは、腸では「フラクトオリゴ糖」に分解されます。これがビフィズス菌や善玉菌のエサとなります。

・血糖値の上昇抑制
身体の中でゲル状になり余分な糖質・塩分・コレステロールなどを包み込み吸収を抑えることで、血糖値の急上昇を抑えてくれます。血液中に吸収される糖が減るので、血糖値の上昇が穏やかになります。

菊芋には、「イヌリン」以外にも有効な物質がたくさん含まれています。

・亜鉛
インスリンを分泌する膵臓や、インスリンそのものの働きを助けてくれます。活性酸素をができる前に抑制してくれます。

・ポリフェノール
抗酸化作用にあり、活性酸素を分解してくれます。老化を送らせてくれます。

・カリウム
塩分(ナトリウム)の身体から排出してくれるので、高血圧の予防にもなります。

菊芋の約60%を占めるイヌリンは血糖値を上げる原因となる炭水化物の吸収を抑えてくれます。

薬ではないので、副作用の心配はありません。

血糖値の数値を下げるわけではなく、あくまでも血糖値の上昇を穏やかにしてくれる役割があるのです。

菊芋には、イヌリンの他にも亜鉛などが含まれており、膵臓やインスリンの働きを助けてくれます。

菊芋は、血糖値や糖質が心配な人には、すごく役に立つ「イモ」なのです。

しかし、毎日菊芋を購入して、調理して食べるのは、すごく大変です。

そこで、もっと簡単に菊芋の栄養分を摂取したい人におすすめなのがサプリメントなのです。

血糖値は、体重を減らすだけでも下げることができます。

体重を減らすためにも菊芋を・・といっていますが・・・

菊芋を食べて血糖値を下げることをおすすめしていますが、その前にもっと手軽にお金をかけずに血糖値を減らすことができます。

それが、体重を約3%落とすことなんです。

自分の体重の約3%落とすことができれば、血糖値が下がりヘモグロビンA1cも基準値に近づきます。

血糖値が下がれば糖尿病も改善します。

とはいうものの、糖尿病の人や糖尿病予備軍の人は、一時的に体重の3%を減らすことができてもそれを維持することが難しいのです。

糖尿病を放っておくと眼底出血を起こして失明の危険があったり、腎臓が悪くなり人口透析が必要になったります。

脚に神経種障害が出たら、足を切断しなくてはなりません。

もっと恐ろしいのは、血糖値、コレステロール、血圧、体重のすべてをコントロールしなければ避けることができない動脈硬化心筋梗塞脳卒中です。

たとえ薬で、高くなった血糖値や血圧、コレステロール値を低く抑え込んだとしても、体重をコントロールできなければ、糖尿病が引き起こす、様々な病気にびくびくししながら生活しなければなりません。

■そこで試してもらいたいのが、やっぱり菊芋なのです

菊芋を食べることで、血糖値、コレステロール、血圧、体重の全てを正常な数値でキープすることが可能だからです。

薬に頼ることも良いですが、中には、どうしても薬に頼るのが嫌な人もいると思います。

そうした人は、是非「菊芋」を試してみて下さい。

痩せることで大事なこと・・まずは「本人のやる気」です。

肥満を原因とする病気を治すには、まずは痩せることが第一です。

本人が「やる気」にならなければ、何を言っても無駄です。減量を成功させるためには、本人のやる気が一番大事です。

食事制限も運動も、本気のやる気さえ出せれば楽なものです。
食事は、野菜でおなかを満たすための工夫が必要です。具体的に言えば、野菜の扱い方、調理の仕方がわからない人には、野菜の保存方法、調理方法、切り方などを学んでもらう必要があります。

運動は、ジムなどに通わずお金のかからない方法をおすすめします。しかし足が痛む人に、いきなり「明日から一万歩、歩いてください」というわけにはいきません。
それよりも誰でも室内でできる運動をおすすめします。

血糖値の上昇や糖尿病の合併症にびくびくしない生活を取り戻すために、現在の体重の3%の減量に頑張りましょう。同時に菊芋(サプリメント)の摂取をおすすめします。

3%は誰でも頑張れる減量体重です。

例えば・・・
100㎏の人ならば3㎏減らして97㎏に
80㎏の人ならば、2.4㎏減らして77.6㎏に
60㎏の人ならば、58.2㎏に減らせばいいのです。

難しいのは、その体重を維持することのなのです。

体重を減らした後の食生活&運動が重要になります。

糖尿病(予備群)の人は、肥満傾向にあります。

糖尿病になりたての頃は、肥満になる人が多いようです。逆に糖尿病になって手遅れになってしまうと激やせする人もいます。私は、このような過程の人を多く見てきました。

糖尿病になる人は、肥満を形成する内臓脂肪がたまる時こそが、糖尿病になりやすい時なのです。

痩せている人も太っている人も細胞の数は変わらなにのに、なぜ太って見えるのでしょうか。それは、痩せている人の脂肪細胞は小さく、太っている人の脂肪細胞は、脂肪をたくさん抱え込んで大きくなっているからなのです。

脂肪細胞が肥大化しても、身体のサイズが大きくなるだけなら大した問題ではありません。

健康診断で、お腹の周りをはかられたことはありませんか?

これこそ肥大化した細胞を測っているのです。体全体が大きくなるならまだしも、お腹の周りの脂肪は、血糖値の上昇、血圧の上昇、コレステロール値の上昇、体重増加に直結します。

こうなると、血糖値が上がってもなかなか下げることができず、糖尿病となってしまうのです。しかも血糖値が少し上がっただけでも大量のインスリンが必要になり、インスリンの無駄遣いになってしまいます。

この状態が長く続くと、すい臓が疲弊してインスリンを作れなくなります。そうなるとインスリンの注射をしなくてはなりません。

なので、あらかじめ血糖値を上げない事が重要なのです。

3%減量できれば、肥大化した細胞が小さくなって、悪玉ホルモンの量が減ったり、あるいは、インスリンが本来の力を発揮できるようになります。

こうなると、血糖値もヘモグロビンA1cの数値も驚くほど改善します。

血糖値を上げない食事をするだけでなく、内臓脂肪を小さくして悪玉ホルモンの分泌を抑えることが、初期の糖尿病にとっては、すごく大切なことです。

「血糖値が下がらない」とぼやきながら何もせずに放っておくとあっという間に後戻りできなくなります。今が始める時です。

血糖値が400㎎/dLを超えていたのですが、菊芋サプリを飲むようになって徐々に下がってきて、今は正常範囲内です。(男性56歳)

私が、おすすめする菊芋サプリメントは「前田の菊芋」です

大阪大学先端科学イノベーションセンターにおいて、検証済みの優れたサプリメントです。

公式サイトには、社長の言葉として「このように書かれています。(以下抜粋)

古くから「医食同源」と申します。
現代病が複雑、かつ難治を極めている状況に思いを致す時、
「温故知新」と共に、この言葉が浮かんでまいります。
私は以前、体調をひどくこわした時がありました。その時に友人から菊芋を勧められたのです。半信半疑で飲み始めたのですが、徐々に良くなりその後すっかり回復することができたのです。医食同源を実感した次第であります。
自分の身をもって菊芋の良さを体感したことで、それを機に菊芋をこの手で販売し、一人でも多くの方々に健康の喜びを取り戻していただきたいと思ったのです。原産地のドイツに足を運び、同地で優れた菊芋の生産システムと品質を確認し、「菊芋の効用をさらに高める製品化に成功。ここに商品名も私自身の名前を冠し「前田の菊芋」として世に出させていただきました。
それだけ「前田の菊芋」は弊社が自信をもっておすすめできる商品であります。
おかげさまで、現在ご利用中のお客様からも「長年のつらさから解放された」「健康の有難さを知らされた」等々、お喜びのお声をたくさん頂戴しており、「産みの親」としてこれに過ぐる喜びは無い、と日々感謝しております。
前田の菊芋」を引き続きご愛飲いただき、健康を回復されて、心身共に楽しい毎日を過ごしていただけることを心より願っております。

と書かれています。

しっかりと「糖対策」ができる、「前田の菊芋」を自分の身体で実感してみてください。

特に身体の代謝が落ちる35歳以上の方には、男女を問わずに、飲み続けてほしいサプリメントです。

前田の菊芋公式サイトはこちら

健康診断で、「血糖値が少し高いですね」といわれた人も多いと思います。

血糖値が高くなることで、糖尿病予備軍となります。これは40歳以降の人たちばかりではなく、今では20代の若者にも、血糖値の上昇がみられます。

血糖値の上昇は、一概に食生活の乱れとはいいがたく、遺伝に関する場合もあるようです。

遺伝によって糖尿病のリスクがある人には、若いころから、「前田の菊芋」を飲んでほしいのです。

このサプリメント「前田の菊芋」は、歳をとった人のためだけのサプリメントではありません。

少しでも糖の数値を抑えたいという方に、年齢、性別に関係なく飲んでほしいサプリメントなのです。

糖尿病では、初期段階ではほとんど自覚症状がないために、気が付いたときには、かなり病気が進行している事が多いのです。糖尿病になると、様々な代謝異常が起きて、血管や内臓、骨や歯、失明にまでなってしまう大変怖い病気なのです。

コロナウィルスに感染して亡くなる人の多くも、糖尿病を患っている人が多いのも事実です。

それほど怖いのが糖尿病なのです。

飲み始めて半月になります。菊芋サプリを飲み始めて、副作用のようなものは、一度も出たことがありません。菊芋サプリを飲み始めてから、明らかに以前よりお通じは快調です。

自分はやせ型で、決して太っていないのですが、血糖値はすごく高いのです。1回の食事前に10粒ずつ飲んでいますが、お昼に飲むと、血糖値が低くなりすぎるので、今では、朝と夜に10粒ずつを飲むようにしています。私には、前田の菊芋サプリが合っているようです。

飲み始めて、血糖値を測ってはいないのですが、体調は、かなり良くなりました。今私にできることといえば、前田の菊芋を飲むことくらいです。

■その他の口コミ

●甘いものが大好きなので、菊芋サプリは、手放すことができません。ドイツ産の菊芋が効果が高いと聞いたことがあります。甘いものは辞めることができないので、これからも引き続き前田の菊芋のお世話になります。

●飲み始めてから2ヶ月が経ちました。血糖値の上昇は抑えられているような気がします。もう少しの間飲み続けようと思います。

●夫婦で飲んでいます。二人とも血糖値が高めでしたが、今は正常に戻っています。おそらく効果があったのだと信じています。これからも続けていきます。

忘年会シーズンは、誰もがお酒を飲み、食べ過ぎが気になる時期です。

飲んで食べて、とても楽しいひと時を過ごす前に、あらかじめ、菊芋サプリメントを飲んでおくことで、血糖値の上昇を抑え、糖尿病の予防をしておきましょう。

前田の菊芋を飲み続けるとどのようなメリットがあるのでしょう。

前田の菊芋には、イヌリンという成分が含まれています。このイヌリンという成分は、糖分や脂肪分の吸収を抑えてくれる働きがあります。

今すでに、病院から糖に関する薬を処方していただいている方でも、安心して前田の菊芋を飲むことができます。それは、前田の菊芋は、薬ではなく食品だからです。
菊芋の成分を粉末や粒に加工しただけで、いわゆる「野菜」を食べているの同じことなのです。なので、お薬と一緒に飲んでも全く問題はありません。おそらく先生からも、お野菜などをたくさんと食べるように言われていると思います。菊芋は、根菜類なので、薬と一緒に飲んでいる人もたくさんいます。

薬以外にも、サプリメントを飲んでいる人も同様に、前田の菊芋を一緒に飲んでもらっても構いません。副作用の心配もありません。

ただひとつだけ注意してほしいことは、「酢」と一緒に飲むことで、菊芋の成分の働きが薄れてしまう可能性があります。

食前に「酢」を飲んでいる人は、酢を飲んでから2時間ほど時間を開けてから、前田の菊芋を飲んでください。

前田の菊芋は内臓脂肪にも効果があります。

内臓脂肪は、生活習慣病のリスクが高まります。

内臓脂肪からは、血管や神経の炎症を促す物質が分泌されます。これにより、慢性的な炎症状態になります。

内臓脂肪を減らすことによって血流も改善され、神経の活動も高まり持久的な能力が上がってきます。

血流が改善されることにより、体のすみずみまで血液や酸素が行きわたるようになり、それに伴って、肌ツヤが良くなり、アンチエイジングの観点からも表情全体が若返るという話もあります。

どうしても内臓脂肪が溜まっていると、動くのが面倒になり、動かないからまた内臓脂肪がたまってしまうという悪循環が起きてしまいます。

内臓脂肪を減らすことで、体をスムーズに動かし、疲れにくい体にすることです、洗濯や掃除、買い物など日常の生活だけで、エネルギーを消費できるようになります。

内臓脂肪により、腸の動きが悪くなると、内容物が停滞し、腸内に腐敗物質が長時間留まることになります。それらが腸壁から体内に吸収され肌荒れの原因にもなります。

前田の菊芋サプリを飲むタイミングは?

飲むタイミングは、食前がいいと思います。飲み忘れたとしても、食事の途中や食後に飲んでもらっても全く問題はありません。大事なことは、忘れずに毎日飲むことで、良い結果が出るという事です。

飲みやすいように粒タイプのほかに粉タイプも用意されています。粉タイプは、水に溶けやすいので、先に顆粒をお口に入れてからお水で流し込む方が飲みやすいようです。それでも飲みにくい場合は、お味噌汁や料理に混ぜてもらっても問題ありません。粒タイプは、お水と一緒に飲むタイプです。



1日に飲んでもらう量は決まっていません。1日に1包や2包だと効果がない訳ではありません。予算に合わせて、少ない量でも良いので、継続して飲むことが効果を出すための近道なのです。

粉と粒のどちらにしようか迷っている人へ、参考のためにお知らせして置きますが、粉(顆粒)1包に対して、10粒前後でだいたい同じ成分量です。

前田の菊芋の結果は、大阪大学の臨床試験によると、3か月継続することで、非常に良い結果が出ています。個人差はありますが、1ヶ月で数値が下がった人もいれば、6か月くらい継続してようやく結果が出てきた人もいます。

購入は公式サイトが用意されていますので、そちらから購入するのが、安心で安全です。

前田の菊芋サプリメントを飲むならいつから始めるのが良いのでしょうか?

今でしょう。

購入は、定期購入になりますが、いつでもお休みできますし、停止することもできます。

もし停止する場合は、お届け日の1週間前までにフリーダイヤルにお電話すれば大丈夫です。

■フリーダイヤル
0120-138-505(9時から18時 年中無休)

長く付き合う菊芋は、少しでも早めの対策が健康の秘訣!!

今、このブログで最も人気のある記事が、この菊芋サプリメントの記事なんです。

コレステロールを下げるためには、運動をすることが大切だ・・・という事は、いまさら言われなくても、コレステロールが気になる人であれば、誰でも知っていることです。

しかし、食事制限や運動は、ストレスを感じるという方も多いと思います。そのような方に是非お勧めしたいサプリをご紹介します。

やっぱり太ることは気になります、ショックを受ける前に日々の健康を維持していきましょう。(それは、もう知っていると思いますが・・・)

■特に50歳以降の方々は、健康診断の数値が気になるころです。

その中でも、最も気になる・・・というか変化してくる数値が、コレステロールの数値や中性脂肪、血糖値の数値です。

健康診断の結果を見て、「どうしたものか」と思うだけで、実際には、病院に治療に行くわけでもなく、薬を飲むわけでもなく、ついついそのまま1年後の健康診断に突入するのではないでしょうか。

中性脂肪の数値や、血糖値、コレステロールの数値が少々高くても痛みを伴うこともないし、普段の生活には、なんの不都合もないので、健康診断の数値を見た時は驚いて「どうしたものか」と考えるのですが、ついついそのままになってしまうのが現実です。

しかし、それを放っておくと、それこそ糖尿病になったり血管が詰まってしまったり、取り返しの効かないことになります。

わかっていても、仕事の付き合いや夜遅くまでの仕事でのストレスで、改善する暇もないのです。

そんな数値があがってしまった人へ、病院へ行く前にまずは試してほしい食材が「菊芋」なのです。

たまに、道の駅とかでも販売しているところもあるみたいです。私も何回か見かけたことがあります。

菊芋には、「イヌリン」という成分がたくさん含まれています。

イヌリンの効果には、すでに多彩な研究報告があります。

■血中資質の低下作用
・脂質異常(高脂血症)
・脂肪肝

■血糖値の上昇抑制作用
・Ⅱ型糖尿病
・糖尿病性合併症
・糖尿病性腎症
・糖尿病性網膜症
・糖尿病性神経症

■ミネラル(カルシム無、マグネシウム、鉄)吸収促進作用
・骨粗鬆症
・骨折
・鉄欠乏症貧血
・幼児・自動の成長補助

菊芋に含まれる「イヌリン」には、このような病気に作用します。

薬ではないので、すぐに良くなるような即効性は、あまり期待できませんが、ずっと飲み続けることで、徐々に数値が落ち着いてきたり、数値が上がりにくくなる作用は期待できます。

「イヌリン」ってあまり聞いたことがないと思います。日本ではまだ、あまりなじみがありません。

イヌリンは、水溶性食物繊維なのですが、日本で水溶性食物繊維といえば「難消化性デキストリン」が有名です。しかし、世界のスタンダードは「イヌリン」なのです。2000億円以上の規模とされる3分の1をイヌリンが占め、欧州だけでなくアメリカやアジアでも成長を続けている成分なのです。

このイヌリンとは「菊芋」に多く含まれ、なんと菊いもの成分の60%がイヌリンなのです。

イヌリンは、腸の運動を活性化させ「便秘の解消」と中性脂肪・コレステロールの低減作用があることが報告されています。

イヌリンは、一緒に食べたものをゆっくりと消化させるので、膵臓に大きな負担をかけず、食後の血糖値が一気に上昇するのを抑制してくれます。

イヌリンは、血糖値の上昇を抑える作用があり、糖尿病の人にも推奨されていますが、血糖値を抑えるという事では、強力なダイエット(糖質制限)になります。

こんな夢のような成分の「イヌリン」ですが、イヌリンをもっと手軽に摂取したい人のためにおすすめのサプリメントがあります。

それが「前田の菊芋」なのです。

医食同源との出会いから生まれた『前田の菊芋』

一度購入した人が、再び購入する「リピート率」ではなんと驚異の91.2%なんです。

10人に9人は、継続して前田の菊芋を注文しているという事なんですね。

サプリメントというと、腸内の活動を活発化させたり、美肌のための成分を多く含んだものが、まだまだ主流ですが、これからは病院やお医者さんに頼らないサプリメントも重要な役割を担うようになります。

40代を過ぎた人で、コレステロールや中性脂肪、血糖値が気になる方には、是非お飲みいただきたいサプリメントなのです。

「前田の菊芋」の価格と詳細は、こちらのページ

菊芋は現代人にとって、今一番必要な栄養素が凝縮されています。

私も50歳を過ぎて、健康診断では、血糖値、コレステロール、中性脂肪とどれも標準の数値が高めというトリプルスリーを達成しました。

病院に行って薬をもらうと一時的には、数値は下がるものの、薬をやめるとすぐに数値は、もとに戻ってしまいます。

これでは、ずっと薬を飲み続けなければならないので、なんとか、自力で根本的に体質を改善したいな~と思っているときに、菊芋に出会いました。

 

菊芋と聞いてピンと来ない人もいると思いますが、菊芋を食べることによって、様々な効果が期待できる食べ物なのです。

私も最初に菊芋と出会ったのは、道の駅でした。

道の駅ではじめて見る菊芋を珍しそうに見ていました。なぜ菊芋に興味がわいたのかというと、菊芋の広告POPに『血糖値を下げる魔法の芋」と書かれていたからです。

血糖値をはじめ、コレステロール、中性脂肪の数値を気にしている私にとっては、この「魔法の芋」にすごくひかれたのです。

じっと菊芋を眺めていると、道の駅の店員さんが、菊芋の説明をしてくれました。

その店員さんは「野菜ソムリエ」でもあり、とても分かりやすく菊芋について説明してくれました。

その時、私がきいた説明は、こんな感じだったと思います。

菊芋にはイヌリンという成分が多く含まれており、イヌリンは、お腹が空きにくくなり、血糖値の上昇を抑えてくれることから、糖尿病に効果があるということでした。

コレステロールも身体の外に便として排出することで、血液中のコレステロールが増えるのを抑えてくれます。

このイヌリンという成分は、菊芋以外にも、玉ねぎやにんにくにも含まれている水溶性の食物繊維の一種だそうです。

このような簡単な説明でしたが、私は、この菊芋が救世主のように思われたのです。
1袋250円と価格もそれほど高いものではなかったので、購入して帰ることに。

その日から、菊芋について、本やネットでいろいろと調べてみて、大変体に良いことがわかってきました。

せっかく調べて、自分の知識にする上で、せっかくなので、忘れないように記録をしておこうと思い、このブログを立ち上げました。

話の内容は、あっちに入ったり、こっちにいったりとしますが、気が付いたことを、思いついたまま日々書き込んでいきますので、少し読みにくいかもしれませんが、血糖値、コレステロール、中性脂肪を気にしている人には、役に立つ内容だと思っています。

イヌリンについてウィキペディアで調べたこと

■特徴
草丈1.5〜3mと大きくなり、菊に似た黄色い花を9-10月につけ、10月末に地中に塊茎を作る。茎や葉に小さな刺がある。繁殖力は強い。 本種と花がよく似ているキクイモモドキ (w:Heliopsis helianthoides) という植物がある。

 

■分布
北アメリカ北部から北東部を原産地とする[1]。 南アメリカ、ヨーロッパ、アジア(日本を含む)、オセアニアに移入分布する[2]。日本には江戸時代末期に飼料用作物として伝来した。栽培されているもの以外に、第二次世界大戦中に加工用や食用として栽培されたものが野生化したものもある。

 

■外来種問題
日本には1850年代から1860年代に初めて導入され、全国に定着が拡大している
名称
キクイモの和名は、菊に似た花をつけ、芋ができるために付けられた。
>>>引用ウィキペディア

日本原産かと思いきや、北アメリカ北部が原産地だったんですね。

菊芋という名前も、菊に似た花からつけられた名前だったんです。

菊芋と出会って、体調も改善されました。
今は、以前ほど菊芋を食べていませんが、菊芋のサプリメントだけは、飲み続けています。

今、飲み続けているサプリメントはこちらです。

「前田の菊芋」の価格と詳細は、こちらのページ

菊芋は、ゴボウと同じキク科の野菜です。

「芋」では、ないので間違えないように。どちらかというと食感などは、ゴボウに近いと思います。

芋ではないので、デンプンは、ほとんど含んでいません。

スーパーフードといわれる所以は、イヌリンをはじめとする、水溶性食物繊維が驚くほど多く含まれているからなのです。

イヌリンの含有量は、野菜の中でもトップクラスです。

イヌリンとは「水溶性食物繊維」です。

体の中で水分を含むとゲル状になり、不溶性食物繊維にはない働きをしてくれます。

・ダイエット
食べたものがゆっくりと吸収されるので、満腹感を得ることができます。

・便秘対策
水溶性の食物繊維が便を軟らかくしてくれます。便秘を解消するためには、不溶性の食物繊維も必要です。(不溶性の食物繊維は便のカサを増してくれます)

・腸内環境
腸内環境を整えて、善玉菌を増やしてくれます。イヌリンは、腸では「フラクトオリゴ糖」に分解されます。これがビフィズス菌や善玉菌のエサとなります。

・血糖値の上昇抑制
身体の中でゲル状になり余分な糖質・塩分・コレステロールなどを包み込み吸収を抑えることで、血糖値の急上昇を抑えてくれます。血液中に吸収される糖が減るので、血糖値の上昇が穏やかになります。

菊芋には、「イヌリン」以外にも有効な物質がたくさん含まれています。

・亜鉛
インスリンを分泌する膵臓や、インスリンそのものの働きを助けてくれます。活性酸をができる前に抑制してくれます。

・ポリフェノール
抗酸化作用にあり、活性酸素を分解してくれます。老化を送らせてくれます。

・カリウム
塩分(ナトリウム)の身体から排出してくれるので、高血圧の予防にもなります。

私が飲んでいるのが「前田の菊芋」です

◇コレステロールが高い人は、こちらのサプリメントがおすすめなんです。

なぜ今、菊芋の「サプリメント」は通販なのか

健康への関心が集まっている昨今では、色々なメーカーが新しいサプリメントを開発し、次々と売り出しています。

実際の店舗にまで足を運ばずともサプリメントを買えることから、サプリメントの通販ショップが人気を集めています。

効率的に栄養摂取にサプリメントを使うことで、食事をするだけでは欠乏しやすい栄養素を取り入れることが可能です。サプリメントを摂取することで、健康効果や、美容効果のために取り入れておきたいけれど、食事からの摂取が難しいという栄養が補給可能です。

サプリメントで体が必要としている栄養素を摂取することで、健康状態も向上し、新しく生成される肌細胞も健康的なものになって、美肌になれます。

多種多様なサプリメントが市場に出回っているため、商品を吟味するのも大変ですが、Web通販ではサーチの機能などを駆使することで商品調べが楽になります。

通販サイトもたくさんありますので、どんなサプリメントが販売されているかをじっくりと調べてみてください。

一度にたくさん買ったり、定期購入の手続きをとることで割引サービスを行っているような、通販ショップもよくあります。

サプリメントの分類は薬品ではなく食品なので、薬のような即効性があるものではなく、飲み続けることで体質を変えていくことを目指しています。

無理をして高いサプリメントを買っても、買い続けることができなければ意味がありません。

一度の注文で、定期的に商品を届けてくれるようなサービスを行っている通信販売のショップもありますので、検討してみてください。

定期的に商品が届くようにしておけば、いちいち注文をしなくても商品を思ってもらえるだけでなく、割引価格でサプリメントを買うことも可能になります。

「前田の菊芋」の価格と詳細は、こちらのページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました